単色印刷用のデータ作成について

単色印刷用のデータ作成について

1 版下データはAdobe Illustratorで作成してください

弊社では版下の作成にAdobe Illustratorを使用しています。
保存形式は「ai形式」または「eps形式」にてお願いします。
(バージョンは最新版に対応しております)

※ 「ワード形式」や「エクセル形式」での入稿は受け付けておりません。

2 黒1色(K:100%)で作成してください

単色印刷では製版時に「黒(K:100%)」のデータを使用します。
版下データは印刷色で色付けせずに、黒1色(K:100%)で作成してください。

グラデーションや透明度などは指定しないようお願いします。

3 テンプレートをダウンロードして使用してください

商品ページに掲載されている「Illustrator データ入稿用テンプレート」を ダウンロードして、印刷範囲内でテンプレートにレイアウトしてください。

印刷可能範囲を超えてレイアウトされていた場合には全体縮小いたします。

4 フォントは7pt以上、線幅は0.3pt以上で作成してください

小さい文字・極細の線などの複雑な版下は、印刷で文字が潰れてしまったり 正しく印刷されない場合があります。

明朝体などの線の細いフォントや画数の多い漢字を小さい文字で使用すると 正しく印刷できないことがありますので、特にご注意ください。

5 文字は全てアウトライン化してください

入稿データ内で使用したフォントは全てアウトライン化してください。 アウトライン化されていない文字が含まれていると、弊社でデータを開いた際に まったく違うフォントに置き換わってしまいます。

データ内にアウトライン化されていない文字が残っているとわかった場合は、 データの修正と再入稿をしていただく必要があります。

6 JPGやPNGなどの「画像データ」は配置しないでください

単色印刷では製版時に「黒(K:100%)」のデータを使用するため、写真などの画像データを綺麗に製版することができません。

ロゴマークやイラストなどを版下に使用する場合は、
ペンツールなどでトレースして黒1色のデータにしたものを使用してください。